西脇唯 恋をするなら 2/17

 2月17日放送分のダイジェストを、仕事の関係で書けなくなっていたころ、乗川晃嘉さんがメーイング・リスト「There is no other place/それはひとつしかなくて」へ投稿されたダイジェストを、ご厚意により転載させていただけることになりました。

 乗川晃嘉さんありがとうございました。


乗川晃嘉です。こんなに大変だとは思いませんでした。
今までしていただいた方に感謝感謝です。

西脇唯 恋をするなら 2/17
-?- は、聞き取れない箇所です。
----------------------------------------------------------------------
●オープニングテーマ 「藍い風の向こうに」カラオケ

●オープニングトーク(ほぼ口語引用)
こんばんわ西脇唯です。えー、このところ「ファイナルファンタジー」と「と
きめきメモリアル」、この2つのゲームにハマッている西脇です。今月ネ、寝
不足の人も結構しるのではないでしょうか。西脇唯「恋をするなら」、さて今
週は声優の金月真美さん、そしてその「ときめきメモリアル」から登場したヴ
ァーチャルアイドル藤崎詩織ちゃんのお二人をゲストにお招きしています。
どうそお楽しみにしていてください。

●挨拶
それでは、早速一人目のゲストをお迎えしましょう。金月真美さんです。

唯:こんばんわ。
金:こんばんわ。お久しぶりです。
唯:お久ぶりです。
金:久しぶりです。よろしくお願いします。
唯:1ヶ月・・・ぶりですね。
金:そうですね。
唯:それでは早速、金月さんのナンバーをお送りしたいと思います。
それでは曲紹介お願いします。
金:西脇さんに書いていただきました「Love is the one thing in your life」
のカップリング曲です。こちらの方も西脇さんの素敵な曲で「ふりむかない
で」を聞いてください。

●1曲目「ふりむかないで」金月真美(西脇唯作詞・作曲)

●トーク(ほぼ口語引用)
唯:「西脇唯「恋をするなら」」今夜は金月真美さんをゲストにお招きしていま
ーす。こんばんわ。
金:こんばんわ。
唯:「ときめきメモリアル」ずーとね、やっているんです。いただいてから。
金:嬉しいです。
唯:でもねぇ、ゲットできないの、詩織ちゃんを(笑)今日はだから是非ねぇ、
なんか攻略法をねぇ、もう聞きたいなぁとか思って・・・
金:なぁーんか私、何も考えないうちからちゃんと詩織ちゃんに告白してもらっ
たので、皆さんは「難しい」とおっしゃるんですよね。
唯:なんかねぇ、いろんなねぇ、女の子が一杯出てきちゃうの。
金:まずはですね、お教えするとですね、高校1年生の間はなるべく勉強と運動
に励んでください。
唯:勉強と運動だけ。
金:「日曜日にデートに誘いたいなぁ、詩織ぃ」と思ってもグッとこらえて勉強
をしてください。そうすると点数が上がって、より詩織ちゃん好みの男の子
になる。
唯:詩織ちゃん好みぃ(笑)
金:それでですね。一杯女の子との出会いがあるとは思うんですけれど。
唯:ありますよね。ウンウン。あるある。
金:あの女の子達にあまり心を揺らされず。
唯:あ、一緒に帰っちゃだめ。
金:帰っちゃいけません、他の女の子、特に詩織が傷つきます。
唯:あ、なるほどね。
金:かわいそうだなぁと思っても心を鬼にして「ゴメン、先に帰る」と言って帰
っていただけるとね。
唯:結構、なんか勉強と部活だけの1年を過ごすんですね・・・。
金:そして高校2年生になったら、「解禁だぁ」と思って「詩織ー、詩織ー、詩
織ー」ってデートに誘っていただければ、あと詩織の好きなね、デートスポ
ットに一生懸命誘っていただければ・・・。
唯:なるほどねぇ。じゃぁ、第3日曜日は部活。
金:はい。もしもクラブを(部活を)しているならばサボッちゃいけません。
唯:あれ、サボると退部になっちゃうんですよね。
金:はい。ということは西脇さんはサボッたんですか?
唯:サボったんです。(両者大笑)なんかデートのほうがいいなぁとか思って・
・・。そうしたら1回サボっただけなのにもう退部なんですよ。
金:結構、だから週末クラブ入っていると忙しいんですよね。
唯:忙しいですよねぇ。
金:クラブもしなきゃいけないし、好雄君にも電話しなくちゃいけないし、女の
子にもおデートもに誘わなきゃいけないし。
唯:でもほら1月に日曜日とか祝日を入れても4〜5回しか電話できないから、
結構貴重な電話ですよね。
金:そうなんですよ。歯がゆいんですよ。それなのにたくさん女の子が出てきち
ゃって、もう爆弾マーク付いてね、すると結局その子を誘ってあげなきゃい
けないから「うー、しょうがない詩織ごめんねぇ」ってその子を誘うと、ま
た、これがもどかしいんですよネ。
唯:そうかぁ。私ね、だから鏡さんねをゲットしたんですよ。
金:渋いっていうか、いいところを、私も好きなんですけど鏡さんが。
唯:結構、ああ見えていい子ですよね。
金:あれが心をくすぐられんですよね。
唯:なんかねぇ、私、ウーンそうだな、他のキャラクターの子はねぇ、ちょっと
おとなし過ぎたりとか・・・なんかものたりな・・・あっ電話が・・・。
金:ちょっとごめんなさい、私の電話だ。
(電話に答える)
もしもし、え、はい、じゃすぐ行きます。西脇さんごめんなさい。ちょっと
用ができまして、すぐ戻ってきますんで・・・。
唯:行ってらっしゃい。
あ、ちょっとね、今ね、金月さんに電話が入って急用が出来たらしいので、
じゃあ金月さんが戻ってくるまでの間、私西脇唯の曲をお送りしたいと思い
ます。
ちょうどこれは、そうだなぁ、おととしの受験シーズン頃リリースしたシン
グルなんですけど、「この曲を聞いて勉強したら、受験に受かったぁ」とい
う葉書もちらほら頂きました。それにあやかってちょうどねまた受験シーズ
ンがやってましたので、またこの曲をみんなにお送りしたいと思います。

●2曲目「思いをはせることだけは自由」

●挨拶
たった今、今夜の二人目のゲスト、藤崎詩織さんがいらっしゃいました。

唯:こんばんわ。はじめまして
藤:こんばんわ。はじめまして藤崎詩織です。よろしくお願いします。
唯:藤崎詩織さん待望のファーストアルバム「My Sweet Valentine」がちょうど
出たばっかりなんですけれど今回のアルバムはどんな?
藤:はい、みんなの応援のおかげでデビューしてこんなに早くアルバムをリリー
スできるなんてとっても嬉しいです。でも歌手として恥ずかしくないように
これからももっと歌の勉強をしなくちゃって思います。
欲張りかもしれないですけど、全部の曲をじっくり聞いて欲しいです。
唯:どんな風に?
藤:そうですね、聞いてくれるみんなの心に私の気持ちがしっかり届くように、
1曲1曲心を込めて歌いました。私の歌を聞いて元気になったり、勇気つけ
られたりしたらいいなぁと思います。
唯:そんなアルバムがねぇ。出来上がったんですけど、そう言えば金月真美さん
も作詞をされているんですよね。
藤:そうなんです。先輩じきじきの手による作品ですごく嬉しいです。
唯:苦笑
藤:歌い方もアドバイスしてもらいましたし・・・。とっても素敵な歌だなって
思います。
唯:そうなんですか、たっぷりとね金月さん作詞の曲も入っている、そうだな、
なんかこう、なんだろうなぁ、とてもあったかいアルバムが出来上がったの
で是非皆さんも聞いてみてください。
藤:よろしくお願いします。
唯:ところでですね。バレンタインデーが終わったばっかりなんですけれど、藤
崎詩織さんバレンタインデーの思い出なんかあります?
藤:バレンタインの思い出ですか?恥ずかしいですね。そうですね、いつ渡そう
かなぁって前の夜から結局学校の廊下で渡したんですけれど、これくらいで
いいですか?
唯:へぇー、もっと聞きたい!(興奮気味)
でも、なんか、これは内緒なんですね。
藤:今年は、特に内緒です。
だってここで答えたらみんなにわかってしまうから。(笑)
唯:そうですね。それじゃあもう一つだけ質問があるんですけど藤崎詩織さんの
好きな男の子のタイプは?
藤:そうですね。スポーツでも勉強でも一生懸命な人が好きです。
唯:なるほどね。これがなんかポイントのような気がしますけど、なんか皆さん
もよく聞いておいてください。さて、いきなりなんですけどね。西脇唯恋を
するならには「恋の告白一言メッセージ」というコーナーがあるんですけれ
ど、藤崎詩織さんにも是非この「恋の告白一言メッセージ」をお願いしたい
んですけど、いいでしょうか?
藤:はい。ちょっと恥ずかしいですね。
唯:はい、お願いします。藤崎詩織さんの「恋の告白一言メッセージ」です。

●恋の告白一言メッセージ(藤崎詩織)

「あなたが・・・好きです・・・」

唯:ありがとうごさいます。なんか本物の詩織さんのメッセージ、私もなんかす
ごくうれしいし、 なんでこんなドキドキしちゃうだろうなぁ。
今日はみなさんにちょっとだけお教えしたんですけど、詩織さんの服装なん
ですけど、セーターを着ています。黄なり?のセーターですよね。赤茶色の
スカートをはいています。とっても冬っぽいあったかそうなかわいい格好を
しています。ご想像してくださいね。
お別れの時間になってしまったんですね。今日はありがとうごさいました。
藤:ありがとうごさいました。
唯:それじゃあその待望のファーストアルバム「My Sweet Valentine」から一曲
聞かせていただけるということで曲紹介してください。
藤:私のファーストアルバム「My Sweet Valentine」からタイトル曲の「My -
Sweet Valentine」を聞いてください。
唯:どうもありがとうございました。
藤:どうもありがとうございました。

●3曲目「My Sweet Valentine」藤崎詩織

●エンディングトーク
BGM:「Love is the one thing in your life」金月真美(西脇唯:作詞作曲)

唯:という訳でそろそろお別れの時間です。あ、金月真美さんがスタジオに戻っ
てきてくれました。
金:すみません。ちょっと席を外してしまいまして
唯:今ちょうど藤崎詩織さんが来てたんですよ。ちょうど入れ違いでしたね。
金:会いませんでしたよ。
唯:出口が違ったのかな。
金:帰っちゃったんですかね。
唯:でもほら金月さんのお話もしていました。作詞をしていただいたんだって。
金:曲を一曲書いてってことで書きましたけど、待っていればいいものをね、先
に帰っちゃうんだもの。あの子のそういうところがまだ高校生ですね。
唯:(笑)
金:(笑)

●金月真美近況:2月19日渋谷公園坂劇場「声優コレクション」

唯:なんか楽しそうですね。なんか、今日はあっという間でしたね。
金:なんか席を外した間で、とってもあっという間。
唯:次に会う時までには是非ゲット、藤崎詩織ちゃんをゲット出来るように、今
日攻略法を聞いたのでまた頑張ってみたいと思います。
今日はありがとうございました。
金:ありがとうございました。

●プレゼント:BGM「花梨(KARIN)」
金月真美:サイン入りポストカード(3名)
藤崎詩織:オリジナルテレホンカード(3名)

それでまた、来週お会いいたしましょう。

「いいことがたくさんありますように」


Created With Microsoft® FrontPage(TM) 97

目次へ戻る